マンション経営ことはじめ

資産運用に興味を持つ方が増えていると言います。今の資産を増やしたり、不労所得を獲得したりすることを目標に、貯金のうちの余剰資金を何かに投資することが資産運用の意義です。この方法は世の中にはさまざま。代表的なところでは株式投資やFXといった金融商品がありますが、必ずしも資産が増えるとも限りませんし、場合によっては大きな損をしてしまう可能性があります。したがって、専門的な知識と勉強やトレードのための時間が必要となるでしょう。しかし、リスクが高い投資よりもローリスクに投資できる方法があればそちらの方が良いと考える人も少なくありません。不動産投資、とりわけマンション経営はこのようなニーズに対して非常に対応力が高い投資方法です。

マンション経営では、もともと持っている土地にマンションを建てたり、新たに土地を購入してマンションを建設依頼したりするのがスタートとなります。また、その他にもすでにあるマンションを丸ごとか一部を買い取ってその管理をするケースもあります。この際に、大きな元手が必要となりますが、ローンを組んで返済していく方法が一般的です。とはいえ、この借金は一時的なもの、入居者が決まれば大きな収入が得られるため回収したうえで不労所得につなげられます。しかも、それ以外にも2015年に法改正された相続税の対策にも役立つということもあり、昨今注目を集めている手法です。もし、これから資産運用を考えているのであれば、マンション経営も賢い選択の一つとなるのではないでしょうか。ここでは、マンション経営によって得られるメリットについて紹介します。