相続対策

マンション経営のメリットの一つとして、相続対策が挙げられます。2015年に相続税が大幅に増税され、以前はあまり気にしていなかった方々も相続税対策の必要が出てくるようになりました。そこで、このマンション経営に注目をする人も多いと言えるのではないでしょうか。

マンション経営の相続税の対策はどのくらいの効果があるのか、という事についても解説していきたいと思います。まず何もない土地にマンションをたてると、マイホームをたてたり更地のままにしておくよりも土地の評価額が下がります。その結果として、相続税も減るという仕組みになるのです。具体的には、更地状態よりもマンションをたてた方が2割程評価額が下がります。また建物自体の評価額としても、自分が住むのではなく貸しに出すという場合には7割程評価額が下がる事になります。さらに、ローンを組んでマンションをたてる場合には、そのローン残高も相続財産からさしひく事ができます。

マンション経営をすればここまで説明をしてきた通り、かなりの相続対策が期待できます。相続対策として何かやりたいと思われていた方は、このマンション経営を候補の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。参考になれば幸いです。