家賃収入で生活

最近はマンション経営をしている人も多いので、自分自身もそういったものに興味を持っているという方は少なくないのではないでしょうか。そしてそんなマンション経営には一体どのようなメリットがあるのか、具体的に知りたいと思われている方も多いはずです。これからマンション経営のメリットについて解説をしていきますので、興味があるという方々はどうぞ参考になさってください。

マンション経営のメリットはなんといっても家賃収入で生活ができるという事です。マンションの管理などもありますから全く働かないというわけではありませんが、やはり家賃収入というと不労所得に近いとして憧れを持つ人も多い事でしょう。安定的に家賃収入があれば年金だけより安心感があり、老後のお金も心配はありませんし、その他にも相続税対策などとしても役に立ちます。

このようにマンション経営には様々なメリットがあります。マンション経営というとかなりリスクがあると思われがちですが、低金利でローンを組み返済計画をたてる事ができれば実はそこまでリスクは高くありません。短期間で必ず劇的に収入を得る事ができるというわけではありませんが、ローリスクロングリターンが望めると言えるでしょう。

相続対策

マンション経営のメリットの一つとして、相続対策が挙げられます。2015年に相続税が大幅に増税され、以前はあまり気にしていなかった方々も相続税対策の必要が出てくるようになりました。そこで、このマンション経営に注目をする人も多いと言えるのではないでしょうか。

マンション経営の相続税の対策はどのくらいの効果があるのか、という事についても解説していきたいと思います。まず何もない土地にマンションをたてると、マイホームをたてたり更地のままにしておくよりも土地の評価額が下がります。その結果として、相続税も減るという仕組みになるのです。具体的には、更地状態よりもマンションをたてた方が2割程評価額が下がります。また建物自体の評価額としても、自分が住むのではなく貸しに出すという場合には7割程評価額が下がる事になります。さらに、ローンを組んでマンションをたてる場合には、そのローン残高も相続財産からさしひく事ができます。

マンション経営をすればここまで説明をしてきた通り、かなりの相続対策が期待できます。相続対策として何かやりたいと思われていた方は、このマンション経営を候補の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。参考になれば幸いです。

マンション経営ことはじめ

資産運用に興味を持つ方が増えていると言います。今の資産を増やしたり、不労所得を獲得したりすることを目標に、貯金のうちの余剰資金を何かに投資することが資産運用の意義です。この方法は世の中にはさまざま。代表的なところでは株式投資やFXといった金融商品がありますが、必ずしも資産が増えるとも限りませんし、場合によっては大きな損をしてしまう可能性があります。したがって、専門的な知識と勉強やトレードのための時間が必要となるでしょう。しかし、リスクが高い投資よりもローリスクに投資できる方法があればそちらの方が良いと考える人も少なくありません。不動産投資、とりわけマンション経営はこのようなニーズに対して非常に対応力が高い投資方法です。

マンション経営では、もともと持っている土地にマンションを建てたり、新たに土地を購入してマンションを建設依頼したりするのがスタートとなります。また、その他にもすでにあるマンションを丸ごとか一部を買い取ってその管理をするケースもあります。この際に、大きな元手が必要となりますが、ローンを組んで返済していく方法が一般的です。とはいえ、この借金は一時的なもの、入居者が決まれば大きな収入が得られるため回収したうえで不労所得につなげられます。しかも、それ以外にも2015年に法改正された相続税の対策にも役立つということもあり、昨今注目を集めている手法です。もし、これから資産運用を考えているのであれば、マンション経営も賢い選択の一つとなるのではないでしょうか。ここでは、マンション経営によって得られるメリットについて紹介します。